熱中症とは

先月の梅雨明けからわかりやすく暑さと湿度が上がりました。

と、ともに熱中症になりやすくなる環境になっています。

では熱中症にならないためにどのようにすれば良いのでしょうか。

まず熱中症は暑い環境下などにおいて体温調節の機能がうまくいかず、体温が身体にこもってしまうことで起こります。

原因としては3つ、

1つ目は
気温が高い、湿度が高い、エアコンのない屋内などの環境的要因

2つ目は
低栄養状態や二日酔いや寝不足といった身体的な要因

3つ目は
慣れない強度の運動や長時間の屋外作業などの行動的要因

があります。

ではその予防としてどうすればいいのかというと

・涼しい服装をする
吸汗速乾機能のある服を着る、太陽光の下では熱を吸収するので黒い服装をしないなど。

・暑い環境を避ける
扇風機とエアコンを適切に使う、なるべく信号待ち時は日陰に入る、冷房の効いた地下街を通って歩くなど。

・水分をこまめに摂る
喉が渇くまえに定期的に摂る、アルコールを控える。

運動しているしていないに関係なく日常生活で気をつけることが大切です。

ジムで運動している人の場合は
体調不良の時は無理して運動しないのは当然として、前日の飲酒や寝起きの脱水症状のままでの運動をすることに気をつけなければいけません。

午前中から運動する場合は特に朝起きてからすぐに定期的な水分の摂取を始めましょう。

言わずもがな運動中も継続して水分の摂取が必要です。

万が一熱中症になった場合は水分と塩分を摂り、涼しい場所で身体を冷やし安静にしてください。

それもできない状態(環境)であれば危険ですので救急車を呼んで対応しましょう。

まだまだ暑い時期が続きますが、熱中症にならないよう気をつけて快適に夏を過ごしましょう(^_^)

大阪市北区 東梅田徒歩5分の
総合格闘技&フィットネスジム  「AQUA UMEDA」

キックボクシング・ブラジリアン柔術(BJJ)も見学・クラス体験受付中!

関連記事

  1. 筋トレ後は筋肉痛

  2. 8/11(水)は通常通りです

  3. 復活組。

  4. ミット、サンドバッグ

  5. GWのスケジュール

  6. 入浴の効果

最近の投稿

最近のコメント

    カテゴリー